AM:福島 1458kHz・郡山 1098kHz・会津若松 1395kHz・いわき 1431kHz・原町 801kHz / FM:中通り90.8MHz・東金山77.8MHz・西金山79.3MHz・金山79.3MHz

ラジふく君

> ニュース > 2018.02.15(木) 五輪スケート 小平が銀、高木美が銅 女子1000m

ニュース

2018.02.15(木)五輪スケート 小平が銀、高木美が銅 女子1000m

平昌五輪のスピードスケート女子1000メートルが14日行われ、日本選手団の主将で今季世界記録を樹立した小平奈緒(相沢病院)が1分13秒82で銀、1500メートル銀メダリストの高木美帆(日体大助手)が1分13秒98で銅を獲得した。

優勝は五輪レコードの1分13秒56を記録したヨリン・テルモルス(オランダ)だった。

郷亜里砂(イヨテツク)は1分15秒84の13位だった。

小平奈緒の話
今日は順位やメダルよりも氷としっかり対話して、とにかく自分の好きなように氷を味わおうと思って滑った。600メートルまでのラップはかなりいい形で来れたので、最後は落ちてしまったが、あきらめずにゴールラインの先まで実力を出し切れたと思う。(高木と2人で表彰台?)もう一段高いところに2人で並べたら最高だった。残すはお互い1種目なのでそれぞれの舞台で実力を出し切れたらいい。

高木美帆の話
テルモルスのタイムは見ていなかったので。一番になったんだなというのは把握して、でも、それ以上は自分との戦いだと思っていたので、本当に自分の滑りだけに集中して滑った。1500のダメージが思った以上にあって、直前まで自分もどうなるんだろうと思っていたが、自分の体がよくここまで闘ってくれたなと思う。

<毎日新聞>
https://goo.gl/XYiGk5別ウィンドウで開く

ニュース一覧登録件数 16654件

 

© ラジオ福島.All Rights Reserved.